歴代ポルシェ911大集合

 

ポルシェ911

ポルシェといえば、なんといっても911。
1963年に登場したRR車は、半世紀以上の年月を経て進化を繰り返し、「最新のポルシェは最良のポルシェ」と言われ、スポーツカー市場において、圧倒的な存在感を放ってきました。

「本当に速いのはポルシェ」

そのフラッグシップたる歴代911を振り返ってみたいと思います。

初代911(901型・ナローモデル) 1963年

1963年のフランクフルト・モーターショーに一台のスポーツカーが登場しました。
356に続くポルシェ社の新モデルが、後にスポーツカーの概念を作り替える不朽の名車となると、このとき誰が予想したでしょうか。

901

フラット6の2リッターエンジンをリアに積んだRRレイアウトに2+2のクーペボディを載せたその車こそが初代911、通称ナローモデルです。
当初901と開発コードをふられましたが、プジョーの登録商標に抵触し、911と名を変えました。

1966年には、130psの馬力を160psまでパワーアップした911Sと、ルーフを脱着できるタルガの生産を開始します。
1971年には排気量を2.4リッターまで拡大した最終型Fシリーズが生産されます。

そして1973年には、「ナナサン・カレラ」と呼ばれるカレラRS2.7が登場。最高出力は210psまで達します。
これが最強モデルですね(ホントはさらに強化されたRSRというモデルがあるのですが)。

1973 Porsche 911 Carrera RS 2.7 Sport (901)

 

2代目911(930型・ビッグバンパー) 1973年

通称ビッグバンパーモデルです。

930

930型で注目すべきは1974年にターボモデルが登場することです。
ワイドボディ、”ホエールテール”と名付けられた巨大なリアスポイラー。
現在まで続く、通常モデルとは一線を画した凶暴なクルマ、それがポルシェのターボです。

3リッターターボはなんと260psという驚異的なパワーをたたき出します。

ブラックバード

そう!名作『湾岸ミッドナイト』に登場する「湾岸の黒い怪鳥 ブラックバード」です。

ターボはその後も進化を続け、1978年には、3.3リッター300psまで進化します。

3代目911(964型) 1989年

964

3代目の911には四輪駆動のカレラ4が登場しました。
パワーを増していった結果、より安定性を求めた必然的な結果といえるかもしれません。

そしてポルシェ専用ATシステム「ティプトロニック」も964型から採用。

このように964型は、ハイテク技術を搭載した近代的な911の始まりでした。

964ターボ

ターボモデルは3.6リッターの360psまで進化しました。

964カレラRS

またナナサン・カレラを彷彿とさせるカレラRSも人気が高いモデルです。

(次頁に続く)


12

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>