日本の誇りGT-Rの系譜

日本が世界に誇るスポーツカー、GT-R。
今や世界最速のクルマの一つといってもいいGT-Rの歴史をご紹介しますです!

 

初代 PGC10/KPGC10

KPGC10

記念すべき初代GT-R。Rの歴史はここから始まった!

俗にいう「ハコスカ」です。

KPGC10-2

デビューは1969年2月。日産のレーシングカーであるR380に搭載された直列6気筒4バルブDOHC2000cc エンジンをベースに開発されたS20型エンジンを搭載。
レーシング用のエンジンを市販車に載せちゃうという暴挙ゆえ、当時は「値段の半分はエンジン」と言われました。

国内レース50勝の記録を打ち立てました。

2代目 KPGC110

通称「ケンメリGT-R」。
初代のハコスカから受け継いだS20エンジンが排ガス規制をクリアできなかったため、販売期間はたったの4ヶ月間で終了。僅か197台しか生産されませんでした。
故に「幻のGT-R」と言われます。まだ実物見たことないです。

KPGC110

通常のケンメリから、GT-R化に伴いブラック調グリルやオーバーフェンダー、リアスポイラーを装着。迫力のあるクルマです(でも実物みたことない)。

KPGC110-2

 

3代目 BNR32

ケンメリ以降16年間GT-Rの名前をニッサンは封印し続けていました。
満を持して1989年に登場したのがこちらのR32 GT-R。

R-32

レース用に開発された名機RB26DETTを搭載し、FRベースの画期的な可変4WDシステム・アテーサE-TS(ざっくり言うと、基本はFRなのに駆動力が必要なときは4WDとして動いてくれるハイテクシステム)、更には4輪操舵のスーパーハイキャス(後輪まで切れてしまいます)を搭載。
技術大国日本のハイテクから生み出されるのは、まさしく異次元の走行性能!

R-32カルソニック

レースではまさに無敵。あまりの常勝っぷりにグループAはGT-Rのワンメイク化してしまったほど。

バブル期と重なったこともあって、市井のチューンドも加熱し、どこまでもパワーアップできるRB26DETTエンジンゆえに1000馬力超のモンスターマシンまで登場しました。

兎にも角にも時代を象徴した超超傑作車。筆者にとっても「GT-R」といえばR32の印象があまりに鮮烈です。

 


123

You may also like...

2 Responses

  1. 2015年5月8日

    […] 日本の誇りGT-Rの系譜 […]

  2. 2016年4月2日

    […] 出典barbarossa.red […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>