世界に誇る日本の歴代2リッターターボエンジン名鑑

 

2リッターターボエンジン

今や欧州勢のダウンサイジングターボが全盛を迎えていますが、かつて日本はターボ王国でした。
小さくてすぐれたエンジニアリングこそ日本の十八番。
そんな日本のすぐれた2000ccターボエンジンたちをご紹介します!

L20ET

L20ET

日本初のターボエンジンです。世界初のターボ量産車BMW2002に遅れること6年後の1979年にセドリック/グロリアにターボエンジンが搭載されました。
それがL20ETです。
マンガ「湾岸ミッドナイト」でお馴染み、「牛のようにたるい」L型エンジンですが、やはり名機ですね。

直6SOHCのL20ETは、145馬力、トルク21.0kg-m

セドリックターボ
当時はやはりニッサンといえば、「技術のニッサン」。
この後、ブルーバード、スカイライン、ローレルと次々ターボ搭載車を発表し、「ターボ王国ニッサン」を築き上げました。

1G-GTE

ニッサンにL型あれば、トヨタにM型あり。いずれも直6のエンジンです。
トヨタは1980年にこのMにターボを導入してM-TEUを出しますが、「ターボ=ニッサン」のイメージに対抗するため、ターボよりもDOHCを積極的に取り入れました。
とにかく「トヨタといえばツインカム」だったわけです。

むしろトヨタのターボといえば、1981年に出た日本初のツインターボ、1G-GTEです。

1G-GTE

当時大人気のハイソカー、ソアラに搭載。
2つのターボが互いに組み合わさることによって、ドッカンターボのターボラグが解消されるというわけです。

ソアラツインターボ

C20A

C20A

ニッサン、トヨタとくれば、そうホンダです。
ホンダが最初に出した市販車ターボは、88年代初代レジェンドに搭載されたC20Aウイングターボでした!

初代レジェンド

190馬力、24.6kg-mのトルクを発生。
ホンダのターボ技術といえば、セナやプロストが駆るマクラーレンに搭載され、F1を席巻したことはあまりに有名ですね。

EJ20

EJ20

4G63

4G63

2リッターでどこまで馬力を出すことができるか?
そうした夢に挑戦し続けたのが、この2つのエンジン。

そう、WRCを席巻した日本の誇りといえば、もうおわかりですね。

untitled

ランエボ!

 

スバルのインプレッサStiと三菱のランサーエボリューションです。

最初に280馬力を達成したのは、EJ20でした。1996年に280馬力EJ20を搭載した2代目レガシィツーリングワゴンが出ます。

おわりに

今や世の中はダウンサイジング。1.6リッターでパワフルなエンジンが次々と登場し、もはや2リッターでは小さいエンジンとはいえない流れになってきました。
しかし、日本にも80年代前半から90年代後半にかけて、世界に誇る2リッターターボエンジンがあったことを忘れてはいけません!

それでは〜

 


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>